2008.04.14.
アカウンティングスクール 春季連続セミナー「企業の組織再編をめぐる会計・会社法・経営上の問題点」

 企業の組織再編をめぐる様々な問題が毎日のように報道されている。会計においては、国際的コンバージェンスをはかるため、買収される企業の資産や負債を時価算定して合算する「パーチェス法」に一本化されることになった。また、会社法においても三角合併が解禁され、防衛策騒動は次々と起こっており、経営戦略においても組織再編は最重要事項。
 合併、会社分割、M&A、統合、会社再編、業界再編という言葉が日常的に使われるようになった現在において、そもそも「企業の組織再編」とは何なのか? アカウンティングスクールの教員が、会計、会社法、経営の観点から、わかりやすく解説する。無料、事前申込み不要。

■5月7日(水)19時~20時
「連結会計をめぐる諸問題」 講師:山地範明 教授
■5月21日(水)19時~20時
「会社法における組織再編」 講師:岡本智英子 教授
■5月28日(水)19時~20時
「組織再編と報告主体」 講師:上田耕治 准教授
■6月4日(水)19時~20時
「経営学におけるM&A ―基礎的な視点について」 講師:加藤雄士 准教授

会場はいずれも大阪梅田キャンパス(アプローズタワー10F)、問い合わせは経営戦略研究科事務室(0798-54-6572)。