2008.02.16.
大学アメフット部がフラッグフットボール出前授業

 関西学院大学アメリカンフットボール部が今年も西宮市内の小学校でフラッグフットボールの出前授業を行っている。
 フラッグフットボールは、アメリカンフットボールから接触要素を取り除いたスポーツ。防具はつけず、タックルは腰につけたフラッグをとることに替え、安全を最優先にしている。「ボールを持って走る」「ボールを投げる」「ボールを受ける」といった比較的簡単な動作を基本として、アメリカンフットボールと同様に戦略性がより重視される。作戦の立案→プレーの実行→反省→立案というサイクルを体験でき、近年学校教育の中でも注目されている。
 過去23回大学日本一を獲得している同部が、そのノウハウを広く地域の子供たちに還元するため、2年前より西宮市内の小学校との交流をスタートした。昨年からは体育の授業に参加して子供たちと一緒にフラッグフットボールに取り組んでいる。昨年は西宮市立段上小学校、広田小学校で実施したが、今年からはこの2校に加えて上ヶ原小学校でも取り組みを始めている。

スケジュールは以下のとおり。
問い合わせは、同部部室(090-3859-3339)まで、担当は石割、梶原。

スケジュール