2007.11.29.
4大学学長フォーラムを東京国際フォーラムで開催

関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学の関西4大学が参加し、「大学が世界に発信できるもの~関西に広がる可能性」と題したフォーラムを開催する。今年で4回目。国際化・国際性を全体テーマに国語力・英語力・日本文化などさまざまな観点から未来の大学像を探るとともに、大学が学生に提供できるものは何か?などそのビジョンや方向性について関関同立の4大学学長が議論する。また、トークセッションでは各大学の卒業生が関西で学ぶことの意義を話す。一般参加可、申し込み要。

「大学が世界に発信できるもの~関西に広がる可能性」開催
■日時 12月9日(日)12:30~15:30
■会場 東京国際フォーラム B7(東京都千代田区丸の内3-5-1)
■主催 関西大学 関西学院大学 同志社大学 立命館大学
■共催 読売新聞社
■プログラム
●基調講演:「国際社会における大学で学ぶ意義」講師:金田一 秀穂氏(言語学者)
●トークセッション「大学で自分の将来を描く~京都・大阪・神戸で学ぶということ」
出演:金田一 秀穂 氏と4大学卒業生
●パネルディスカッション「大学が世界に発信できるもの~関西に広がる可能性」
パネリスト:田中里沙氏(『宣伝会議』副社長)、河田悌一(関西大学学長)、平松一夫(関西学院大学学長)、八田英二(同志社大学学長)、川口清史(立命館大学学長)
コーディネーター:老川 祥一(読売新聞東京本社 代表取締役社長)

同日、同会場で「関西4大学入試相談会」も開催しています。
■時間 12:00~17:00
各大学のブースで入試担当者との個別相談ができます。また、2008年度の入試傾向についての講演会(15:45~16:15)も実施します。講師 船戸秀道氏(元群馬県立高崎高校進路指導部長)
「関西4大学入試相談会」のみ参加希望の方は申し込み不要

問い合わせは読売新聞大阪本社広告局内 「関西4大学学長フォーラム事務局」 (06-6366-1738)まで。
 

理工学部尾崎研究室、麻殖生有氏がベストポスター賞受賞 News お知らせリンク