2007.11.26.
関西学院のクリスマス ― 今年も多彩な行事

 12月2日(日)よりキリスト教の暦ではアドベント(待降節)に入る。アドベントとは、クリスマスを迎えるための準備期間。キリスト教主義教育を掲げる関西学院では、アドベント前後より恒例のクリスマス行事を行なう。
 12月3日(月)には、西宮上ケ原・神戸三田両キャンパスで、クリスマスツリー点火礼拝を行なう。西宮上ケ原のクリスマスツリー(ヒマラヤ杉)には300個の電飾が施される。12月12日(水)には大阪梅田キャンパスのあるアプローズタワー1階エントランスホールにて、関西学院バロックアンサンブルによるミニコンサートも行なわれ、クリスマスムードを盛り上げる。
 一般の参加歓迎。特記のないものは無料。主なクリスマス行事は以下のリンク先を参照。一般の問い合わせは、宗教センター(0798―54―6018)まで。