2007.11.19.
梅田講演会「クリスマスのうそホント」

 世界中の多くの人々に親しまれているクリスマス。日本でも12月になると街中がクリスマス色に包まれます。しかし、クリスマスはたくさんの謎に満ちています。「どうしてクリスマスは12月25日なの?」「お店の看板にX’masとXmasという文字を見るけれど一体どっちが正しいの?そもそもXって何?」「サンタクロースの赤と白のコスチュームは誰のデザイン?」「日本でロウソクといえばお仏壇、でもクリスマスには何となくロウソクが似合うけれど…」等々の謎を解いていく。一つ一つの意味が分かってくると、普段何気なく見ているクリスマスの風景がきっと何かを語りかけてくれる。
 一般聴講可、無料、申込必要。

■日時:12月11日(火)14時30分~16時(受付14時より) 
■場所:大阪梅田キャンパス1405教室
     (大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14F) 
■講師:中道基夫・関西学院大学神学部准教授
■定員:80名(先着順)
■申込み:氏名(ふりがな)、住所、電話・ファクス、E-mailアドレス、梅田講演会を知ったきっかけを記入し、 メール またはファクス(06-6485-5612)で申込む。
■問い合わせ:大阪梅田キャンパス(06-6485-5611)