2007.11.09.
「カナダ研究セミナー」の参加者募集

 関西学院大学国際教育・協力センターは12月8日(土)~9日(日)、カナダ研究セミナー「ケベックと日本―社会・文化的視点から」を実施する。本学はカナダ政府から日本のカナダ研究分野で西日本の拠点校に位置づけられている。初日は講演を聞いた後にグループセッション、2日目はプレゼンテーションなどを行う。使用言語は英語で、通訳はないが、本学の交換留学生が各グループについてサポートする。他大学の学生や一般の参加も可。共催・カナダ大使館、後援・ケベック州政府在日事務所。

■講演=いずれも使用言語は英語(通訳なし)。講演のみの参加は、予約不要、無料。
◆「ケベックという『独自の社会』に対する社会的・文化的挑戦」エマニュエル ニキーマ・トロント大学教授=8日(土)9時50分~、関西学院会館レセプションホール(西宮上ケ原キャンパス)
◆「人的・地理的側面からみたケベックの多様性」大石太郎・琉球大学講師=8日(土)12時30分~、図書館ホール(西宮上ケ原キャンパス)
◆「カナダ連邦におけるケベック-流動化の文化的要因と現実的解決策をめぐって」エリック モンプティ・モントリオール大学教授=8日(土)14時15分~、図書館ホール(西宮上ケ原キャンパス)

講演以外の参加は、11月22日(木)までに申し込む。参加費は1,000円~6,000円(食事代、宿泊費などプランによって異なる)
申し込み等詳細は、下記添付ファイル参照。

■問い合わせ:国際教育・協力センター(0798-54-6115)まで。

カナダ研究セミナー申し込み用紙 PDFファイル[ 221KB ]