2007.11.05.
「国際結婚家族」に関するシンポジウム開催

親が異なる言語、文化をもつ「国際結婚家族」におけるさまざまな課題をテーマに、異なった領域で研究を続けてきた研究者が各自の研究成果を報告し、論じ合います。会場は関西学院大学東京丸の内キャンパスと大阪梅田キャンパス。両会場ともに一般参加可、無料、事前申込み必要。定員になり次第締め切り。申込み、問い合わせ先等詳細は下記チラシ参照。

「異言語間・異文化間家族学」研究会公開シンポジウム
『複数の言語と文化の交叉点~国際結婚家族の現在と未来~』

<スピーカー>
■山本雅代・関西学院大学教授
「国際結婚家族の言語-子どもはみなバイリンガルになるか?」
■鈴木一代・埼玉学園大学教授
「国際結婚家族の子どもたち-文化的アイデンティティをめぐって」
■石河久美子・日本福祉大学準教授
「国際結婚家族への支援-多様化する問題への対応に向けて」

<東京会場>
■日時:11月10日(土)13時30分~16時30分
■場所:関西学院大学 東京丸の内キャンパス

<大阪会場>
■日時:11月18日(日)12時30分~15時30分
■場所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス

(「異言語間・異文化間家族学」研究会主催、朝日新聞社後援)
 

チラシ PDFファイル[ 483KB ]