2007.10.09.
大阪企業家ミュージアム秋季連続セミナー「企業家の戦略的役割」

専門職大学院経営戦略研究科は、大阪商工会議所大阪企業家ミュージアムと共催で連続セミナーを開催する。同セミナーは文部科学省「専門職大学院教育推進プログラム」の一環で、プロジェクト名は「ケース『現代企業家の戦略的役割』の製作」。現代の複雑な企業家活動を追体験出来るよう、企業家へインタビューを行い、その記録を映像やケースブックの形でまとめ、教育、研究用ライブラリーを構築。成果の一部を公開することを目的としている。
 会場はいずれも大阪企業家ミュージアム会議室(大阪産業創造館B1階 06-4964-7601) 、各回定員50人、受講料500円(当日受取)、申込必要。

■第1回■
10月24日(水)19時~21時 「シャープ 辻晴雄氏の経営」
1.液晶を事業の柱に:小高 久仁子・経営戦略研究科准教授
2.液晶応用商品の開発にみる辻晴雄氏の経営:服部宏紀・経営戦略研究科教授
■第2回■
10月31日(水)19時~20時30分 「ロック・フィールド 岩田弘三氏の経営」 定藤繁樹・経営戦略研究科教授
■第3回■
11月7日(水)19時~20時30分「阪神タイガース:阪神電鉄のスポーツビジネス戦略」 宮崎恒彰・株式会社阪神タイガース代表取締役会長・オーナー

<申し込み方法>
「セミナー参加希望」 と明記し、氏名(ふりがな)・郵便番号・ご住所・TEL(FAX)・参加を希望される回を電子メール(hamotani@osaka.cci.or.jp) または、ファクス(06-6264-6011)で大阪企業家ミュージアムまで送付。※関学生は経営戦略研究科(0798-54-6572)に申込めば、無料聴講券を受け取れる。