2007.09.22.
寄附講座「トップアスリート指導論」開講、初回は9月27日

関西学院大学は、(株)クリムゾンフットボールクラブ(ヴィッセル神戸)、オリックス野球クラブ(株)、(株)神戸製鋼所(コベルコスティーラーズ)の兵庫県内に拠点を持つ3社(チーム)の協力を得て、今年度秋学期に寄附講座「トップアスリート指導論」(全13回)を開講する。日本を代表するスポーツクラブからそれぞれ講師を招き、各クラブの実例をもとに、スポーツマネジメントやスポーツ振興策、スポーツを通じての地域貢献などを学ぶ。毎週木曜日の3時限目(13時30分~15時)に開講し、関学生なら誰でも受講できる。
 初回は9月27日(木)、講師にクリムゾンフットボールクラブの安達貞至・代表取締役社長を迎える。11月には元ラグビー日本代表監督の平尾誠二・神戸製鋼ラグビー部ゼネラルマネージャー兼総監督も登壇予定。