2007.07.13.
周防正行監督IN関西学院「それでもボクはやってない」上映会&トークセッション

周防正行監督IN関西学院「それでもボクはやってない」上映会&トークセッション

『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、電車で痴漢に間違えられた青年が裁判で自分の無実を訴える姿を描いた作品『それでもボクはやってない』。上映後には日本の裁判制度の問題点について周防監督と山田直子・法学部専任講師がトークセッションを開く。

■日時 7月20日(金) 
<第1部>12時半~映画上映
<第2部>15時15分~ 周防正行監督トークセッション 
聞き手:山田直子・関西学院大学法学部専任講師(15時55 分ごろ終了予定)
■場所 関西学院会館
<主催>読売新聞大阪本社広告局 <協力>東宝・関西学院

参加無料、事前申し込み要。

●関学生:希望者は参加証を事前に広報室で受け取り、当日持参会場に持参すること。※KSCの学生は総合政策学部事務室で参加証の受け取り可。 先着順。
問い合わせは広報室(場所:本部棟1階・TEL0798-54-6017)まで。

●一般の方:申込ははがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、〒539-0027 読売新聞大阪本社広告局「それでもボクはやってない」係まで。7月13日(金)必着。当選者には招待状が送付されます。