2007.06.25.
「東京丸の内キャンパス」開所式-25日(月)午後に

「東京丸の内キャンパス」開所式-25日(月)午後に

 関西学院の東京の拠点である「東京オフィス」が先日、移転した。移転に伴い、「東京丸の内キャンパス」と名称変更、東京駅に建てられたサピアタワー10階に移った。引っ越し距離は約500メートル。6月25日(月)に開所式を行う。
 東京オフィスは2003年秋、千代田区丸の内1丁目のパレスビル6階に開設。関学生にとっては首都圏での就職活動拠点として、卒業生にとってはリカレント教育や同窓交流の場として活用されてきた。しかし、学生の就職先のうち東京に本社を置く企業が半数を超えるなど、就職活動の拠点性が強まり、今後もその傾向がさらに強まるとみて拡充に踏み切った。
 新しい「東京丸の内キャンパス」は広さが約400平方メートルで、「東京オフィス」の約1.3倍。大小3室の講義室や会議室を完備。西宮上ケ原や神戸三田、大阪梅田の各キャンパスと「東京丸の内キャンパス」を結んで教育・研究に活用する遠隔システムもある。
 「東京丸の内キャンパス」への問い合わせは、03-5222-5678まで。