2007.06.11.
大学まちづくりフォーラム~大学から都市の活性化を~

大学まちづくりフォーラム~大学から都市の活性化を~

 大学が地域にできることとは?都市の活性化に取り組んできた学生、教員らが現状や課題を話し合う「大学まちづくりフォーラム~大学から都市の活性化を~」が、7月8日(日)13時~17時、ヴィアーレ大阪(大阪市中央区)で開かれる。関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、産経新聞社主催。一般参加可、無料、定員200名。(応募多数の場合は抽選)。

<プログラム>
■第一部:4大学活動報告
 報告者は、倉田純一・関西大学システム理工学部准教授、瀬川直子・関西学院大学歌劇研究センター研究員、片山傳生・同志社大学副学長・現代GP取組担当、吉田真・立命館大学理工学部教授、地域連携活動に携わってきた学生ら。コーディネータは、木本圭一・関西学院大学学長補佐/商学部准教授。

■第二部:グループワーク
 まちづくりに関する情報・意見交換
■第三部:「大学まちづくり宣言」

 申込みは氏名(フリガナ)・大学(または職業)・電話番号を明記のうえ、ファクスで関西学院広報室(0798‐51‐0912)まで。6月30日(土)締切。

チラシ PDFリンク