2007.03.28.
商学部の福井ゼミ生が韓国料理店「こりあん」をオープン

商学部の福井ゼミ生が韓国料理店「こりあん」をオープン

 商学部の福井幸男教授の3年生のゼミ生19人が阪急夙川駅前、「夙川グリーンタウン商店街」の地下1階の空き店舗を利用し、実験店舗「こりあん」を3月26日(月)から4月8日(日)まで出店している。営業時間はいずれも10時~19時。
 この試みはゼミ活動の一環として毎年実施しており、夙川グリーンタウン商店街の協力のもと、実際に店舗を運営することでビジネスを肌で学ぶとともに、商店街の活性化をめざす。

 店内では学生が考案したチヂミ(豚にんにく、キムチチーズ、海鮮)やビビンバ風海苔巻きなどのオリジナル料理のほか、ゼミのOBを通して韓国から直輸入したキムチや韓国海苔を、180円からのお手頃価格で販売している。 大西泰徳さん(商3)は「学んだことを実践する難しさを実感しています。頑張っているので、ぜひ食べに来てください」と呼びかけている。