2006.12.04.
講演会「ロバスト・デザインと国際競争力」-商学部・商学研究科

講演会「ロバスト・デザインと国際競争力」-商学部・商学研究科

 小田部正明・米国テンプル大学フォックス経営大学院教授が、日本企業の新製品が成功するには「ロバスト・デザイン(頑健な製品設計)」が重要であることをトヨタ・キヤノンなどの実例をもとに紹介する。

■日時:12月11日(月)、11時25分~12時40分
■場所:西宮上ケ原キャンパス B号館304号室
■申し込み:一般の参加可、申込み不要、無料
■問い合わせ:商学部(0798-54-6205)