2006.11.20.
カナダ研究セミナー 少子化問題をテーマに

カナダ研究セミナー 少子化問題をテーマに

 国際教育・協力センターは12月9日(土)~10日(日)、西宮上ケ原キャンパスでカナダ研究セミナー「Where are the Babies? カナダと日本における少子化問題」を開く。カナダ大使館後援。使用言語は英語(通訳なし)。

 少子化が進む両国だが、カナダが移民の受け入れにより維持しているのに対し、日本は減少に転じている。セミナーでは少子化が及ぼす両国への影響や対応策を、識者の講演やセミナー参加者同士のグループ討論を通じて考える。講師は移民や人口問題を専門とするエリック・フォン・トロント大学社会学部教授、福祉国家研究で多くの著書を持つ新川敏光・京都大学大学院法学研究科教授ほか。

 一般の参加可。9日(土)のフォン教授の基調講演(9時30分~11時15分)および、新川教授の講演(12時30分~14時)のみの参加は申込み不要、無料。セミナー全般への参加は12月5日(火)までに申込みが必要、参加費要(1000円~8000円。食事や宿泊の有無によって異なる)。詳細は以下URL(PDFファイル)を参照。
 申込み・問い合わせは国際教育・協力課(0798-54-6115)まで。

※11月17日(金)より12月5日(火)まで受け付け期間延長!

http://www.kwansei.ac.jp/news_img/817_ref.pdf PDFリンク