2006.11.06.
「公共財としての社会調査-公共財についての調査経験を通して-」-COE特別研究公開講義

「公共財としての社会調査-公共財についての調査経験を通して-」-COE特別研究公開講義

 21世紀COEプログラム主催。全13回。第9回目は海野道郎・東北大学大学院文学研究科教授が、社会的意思決定の重要な基礎となる統計調査の抱える問題点、またその克服可能性について話す。

■日時:11月11日(土)13時~16時
■場所大阪梅田キャンパス

 一般参加可、無料、申込み不要。問い合わせはCOE事務局(0798-54-6655)まで。