2006.10.12.
第2回言語コミュニケーション文化セミナー・入試相談会開催

第2回言語コミュニケーション文化セミナー・入試相談会開催

 言語コミュニケーション文化研究科が、下記のとおりセミナーおよび入試説明会を開催する。いずれも予約不要。直接会場にお越しください。

■日時:11月4日(土) 13時~16時
■会場:大阪梅田キャンパス(アプローズタワー13階 会議室10)
■主催:関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科

【内容】
◆言語コミュニケーション文化セミナー (13時~14時20分)
テーマ:文の容認性を考える
講師:浅田 壽男(言語コミュニケーション文化研究科教授)
講演概要:
全く文法面には問題ない文が、実際に用いると容認されないことが現実には多くある。文法に問題がない以上、これは文法を越えた事象であり、その研究は容易に進まなかった。理想的な話者・聴者の言語能力を対象とする文法と、実際の言語の運用とは区別すべきであるとの認識のもとに、70年代に入って研究が盛んになった言語運用の理論の一端を紹介する。文法の中で説明ができない文の容認性の問題はどのように説明されるのか、言語運用の理論の中で明らかにされた「知覚の方策」と「一時的記憶の容量には限度がある」という2つの観点から説明する。

◆入試相談会 (14時30分~16時)
内容:全体説明および院生による研究科紹介、個別相談
配付物:入試要項、入試過去問題など

※2007年度より言語コミュニケーション文化研究科に日本語教育学プログラムが新たに加わります。

問い合わせは、関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科(0798-51-0907)