2006.09.29.
関西学院大学と福井県の連携事業始まる―福井物産展など実施

関西学院大学と福井県の連携事業始まる―福井物産展など実施

 関西学院大学と福井県の連携事業が10月から本格的に始まる。10月7日(土)には、本学と福井県立大学が互いの教員を派遣し、西宮、福井両市内で一般市民を対象にした公開講座の1回目を開く。また関西学院大学生協では、10月2日~6日(物販は7日)まで「福井県(越前・若狭)フェア」を実施。西宮上ケ原キャンパスの食堂「ビッグパパ」で越前おろしそば、焼き鯖ちらしなどを提供するほか、同フォーラム店では福井の物産展を開き、焼き鯖寿司やかにめしなど福井の特産品を販売する。食堂、物販ともに一般の利用可。

■福井県立大学・関西学院大学連携公開講座「越前・若狭のおさかな」
日時:2006年10月7日(土)午後1時~3時
場所:西宮上ケ原キャンパス・B号館101号教室
講師:吉中禮二・福井県立大学生物資源学部海洋生物資源学科教授、横山芳博・同助教授
その他:無料、一般聴講可、申し込み要、定員になり次第、締切。申し込み方法は、往復はがきに講座名「越前・若狭のおさかな」、〒・住所、氏名・フリガナ、電話番号を記入し、〒662-8501関西学院大学教務部生涯学習課まで。問い合わせは同(0798-54-6892)へ。関学生は学生証を当日持参。

■「福井県(越前・若狭)フェア」(関学生協主催)
期間:2006年10月2日(月)~6日(金) ただし物販は7日(土)まで。
場所:(1)食堂「ビッグパパ」(西宮上ケ原キャンパス・新学生会館地下1階)、(2)物産展「フォーラム店」(同1階)