2006.09.27.
キャンパス内での勧誘に注意してください!-関学生の皆様へ

キャンパス内での勧誘に注意してください!-関学生の皆様へ

◆関学生の皆様へ◆

 7月下旬にカルト教団「摂理」に関する報道がされました。各大学を拠点にサークルを装って勧誘活動をしながら信者を増やすという手口をとり、本学でも、ホームページや学部等での掲示により学生へ注意喚起をしてきました。
 一連の報道による影響によって、「摂理」からの脱会者が続出し、教団から信者へ「大学での勧誘活動は当面やめる」との指示があったという記事も出ておりました。
 しかしながら、秋学期に入り、キャンパスが学生で賑わっている中、例年、このような機会を狙い、様々な外部団体(家庭教師等の業者や学外サークル等)による勧誘活動が行われることがあります。この場合、大学では活動を即刻中止させるとともに、学外へ出るよう指導しています。
 このような勧誘活動には、各自が十分気をつけるとともに、キャンパス内で怪しいと思われる団体(または学外団体)から勧誘を受けた場合は、学生課または最寄りの事務室にお知らせください。
 なお、クラブ・サークルの加入については、「学生会公認団体」(体育会、文化総部、新聞総部、総部放送局、宗教総部、応援団総部)や大学登録団体等所在のはっきりしている団体への加入をお勧めします。

【注意事項】以下のような勧誘活動に注意してください。
・趣旨が不明な講演会や講座の勧誘をする。
・部室等の場所をはっきりと明示しない。
・会員の構成が漠然としている。(「いろんな人がいる」としか言わない等)
(以下は学生課に寄せられた「摂理」と思われる団体の勧誘の情報より)
・二人一組のペアで行動し、サッカー、ソフトボール、バレーボール、ゴスペル等のサークルを装って気さくに声をかける。
・人当たりが非常に良く、とても親切である。
・勧誘時にはビラの配布ではなく、「声かけ」をする。
・テナントビルやマンションの一室を活動の拠点としている。
・献金を促す。