2021.10.15.
新型コロナウイルス感染状況に対応する「活動制限レベル」の引き下げについて

関西学院大学は、キャンパスが所在する地域社会における感染状況を考慮し、10月18日(月)から新型コロナウイルスに対応する活動制限レベルを「レベル2(一部制限)」に引き下げ、学内における各対面活動の実施条件や制限内容を順次緩和していきます。

授業については、教室における出席者数を通常定員の2分の1以下にする感染防止対策を継続しながら、既に実施中の対面授業に加えて、一部のオンライン授業を移行期間を設けて順次対面授業に変更していきます。授業の実施形態に変更がある場合は、各科目の授業担当者からの指示または本学ポータルサイト「kwic」でお知らせします。

新規感染者数が減少し、緊急事態宣言は解除されましたが、感染力の強い変異株の再拡大には引き続き警戒が必要です。そのため、各活動において、マスク着用(不織布が望ましい)、換気、手指消毒、3つの密の回避等の基本的な感染防止対策を継続します。

活動制限レベル_ver.3.0PDFリンク

実施形態別の活動再開基準PDFリンク