2021.04.26.
学生の皆さんへ(緊急事態宣言の発出を受けて)

 2021年4月26日
                      関西学院大学 学長 村田 治

政府は兵庫県・大阪府・京都府・東京都に4月25日から5月11日の間、「緊急事態宣言」を適用することを決定しました。変異ウイルスの拡散による感染者数増加は未だ収束の気配がなく、皆さんも不安な日々を過ごしているかと思います。

「緊急事態宣言」が出されましたが、本学は、4月10日付け学長メッセージでお伝えしたとおり、皆さんの健康と安全を守るために既に感染防止対策の強化を図っています。授業については、教室の収容定員を変更して感染対策を強化するとともに、一部の対面授業をオンライン授業へと移行し、オンライン授業と対面授業を併用しています。この方針は維持し、授業形態をさらに変更することはありませんので、各授業担当者・事務室からの連絡にしたがい受講を継続してください。

各キャンパスにも引き続き入構できます。大学図書館、PC教室、コモンズ、食堂、ラウンジなどの諸施設も感染防止対策のために一部制限はありますが、皆さんが安心して利用できるようにしています。日々の健康管理と感染防止対策に注意して利用してください。各事務室も開室していますので、わからない事があれば遠慮なく相談してください。

また、オンライン授業への移行にあたり皆さんの学修機会を維持できるよう大学として支援していきます。自宅のオンライン受講環境が十分でない方を対象にノートパソコンとモバイルルーターのレンタルやコンビニのネットプリントサービスの提供を行います。経済的に困難な状況となった方やアルバイト収入が減少し困っている方には、緊急支援の奨学金(特別支給2021奨学金、関学ヘックス(HECS)型貸与奨学金)で支援しますので、教学Webまたは大学HPの「新型コロナウイルス感染症に関する特設ページ」の案内を確認し、必要な方は是非活用してください。

このコロナ禍において以前のとおり過ごしている人は誰一人いません。世界中の全ての人が何らかの制約や影響を受けています。この状況がいつ終わるのか、まだ見通しが立ちませんが、この状況下でできること、習得できることを前向きに取り組んでほしいと思います。感染状況が改善した際には、オンライン授業から対面授業に移行することも想定しています。それまでは、この困難な状況を一緒に乗り越えていきましょう。

さて、皆さんには、もう1つお伝えしなければならないことがあります。
感染リスクの高いコンパ・飲み会・会食等については、再三にわたり注意喚起し、引き続き自粛するようお願いしてきましたが、このような感染状況の中、本学学生の会食等で複数名の感染者が発生する事案が明らかになりました。感染者数の急増により兵庫県と大阪府の医療は逼迫しています。重症病床が満床で十分な治療を受けられないケースだけでなく、有症状でも宿泊療養施設に滞在せざるを得ないケースや救急搬送の受入先が何十時間も見つからないケースが発生しています。私たちがいる地域がこのような深刻な事態に陥っているという現実を真剣に受け止めてください。もし、あなたや友人・知人、あなたの家族が今感染したらどのような事になるのか、もう一度よく考えてください。幸運にも自分は治療を受けられたとしても、その一方で治療を受けられずに命を落とす方がいるかもしれません。今、私たちが取るべき行動・やってはいけない行動は何でしょうか。もし友人・知人がルールを逸脱しそうになった時には、空気に流されず、自分自身や仲間を止める勇気を持ってください。

これからゴールデンウイークに入りますが、次のような重点的な取り組みを徹底するよう自治体からも要請されていますので、皆さんもこれらに十分気を付けて過ごしてください。
○ 生活維持に必要な場合を除き、みだりに居宅等から外出しないでください。
○ 県境を越えた感染拡大地域との往来・帰省を自粛してください。
○ 酒類又はカラオケ設備を提供している飲食店等や、時短要請時間外に営業している飲食店等には、絶対に出入りしないでください。
○ 催物やイベントへの参加を自粛してください。
○ 会食などリスクの高い場面を避けてください。
○ 路上や公園等における集団での飲酒などの行動は絶対にやめてください。

以上