2020.12.23.
【在学生】年末・年始の過ごし方について

兵庫県や大阪府をはじめ、全国的に新型コロナウイルス感染者の罹患者が著しく増加しています。本学でも罹患者が増加していますが、今のところ、集団感染(クラスター)の発生はありません。年末・年始を控え、学生の皆さんは、友人・知人と食事をする機会も増えると思いますが、家族以外との会食はできるだけ控えるようにしてください。また、マスク着用、こまめな手指消毒、3密の回避等の基本的な感染防止に努め、集団感染(クラスター)の発生を未然に防ぐよう十分な注意を払って行動していただくようお願いします。

①日常生活で注意する点
・手洗い、手指消毒
・マスクの着用
・3密の回避
・こまめな換気
・身体的距離の確保
・体温測定等健康チェック(発熱等風邪の症状があれば、ムリせず自宅で静養を)

なお、国・自治体からは、大学では授業よりも飲み会や寮生活、課外活動等でクラスターが発生しているとの報告があり、感染リスクが高まる「5つの場面」として次のケースを避けるよう注意喚起がなされています。


<感染リスクが高まる「5つの場面」> 
場面① 飲酒を伴う懇親会等
場面② 大人数や長時間におよぶ飲食
場面③ マスクなしでの会話
場面④ 狭い空間での共同生活
場面⑤ 居場所の切り替わり
 

感染リスクが高まる「5つの場面」

②コロナウイルス感染症に関する諸症状で健康状態に不安を感じたら
本学の冬季休業期間中(2020年12月24日から2021年1月5日)に、コロナウイルス感染症に関する諸症状で健康状態に不安を感じたら居住地の「新型コロナウイルス感染症に関する医療的な相談窓口」に連絡し、その指示に従ってください。
相談窓口については、添付のPDF「【重要】年末年始に、発熱、風邪症状など健康状態に不安がある時は・・・」をご覧ください。
 

【重要】年末年始に、発熱、風邪症状など健康状態に不安がある時は・・・

ご参考として「陽性判定を受けた」、「濃厚接触者になった」場合の流れを簡潔にお伝えします。

●医療機関で検査の結果「陽性判定」を受けたら・・・保健所からの連絡を待ち、医療機関への入院、ホテル療養等その指示に従って行動してください。
●保健所から「濃厚接触者」の連絡を受けたら・・・保健所の指示に従って行動してください。
●以下のケースでは、Microsoft Formsで申請が必要となります。
①    学校感染症(新型コロナウイルス感染症を含む)と診断された
②    発熱や風邪症状がある
③    海外から帰国・入国した ※帰国・入国日がわかるものを添付すること
④    濃厚接触者として保健所等が自宅待機を指示
⑤    接触確認アプリ「COCOA」で陽性者との接触に関する通知があった
⑥    同居家族などに発熱や風邪症状がある ※医療機関の受診は必須ではありません
⑦    同居家族などがPCR検査等対象者となった


Microsoft Forms申請画面は こちら から。
※必要に応じて、こちらから連絡させて頂く場合があります。