2020.08.01.
【在学生】2020年度秋学期の授業について

関西学院大学は、新型コロナウイルス感染拡大の防止策を講じた上で、授業スケジュールどおり9月23日(水)から秋学期の授業を開始します(司法研究科は9月21日(月)から授業開始)。
学生の皆さんは、以下の内容を確認のうえ受講の準備をお願いします。


1.授業形態
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンライン授業を原則とし、一部科目については、感染防止策を講じた上で各キャンパスの教室において対面授業を実施します。
ただし、感染状況が著しく悪化し、本学が定める「 活動制限レベル 」が「レベル4」となる場合には、対面授業からオンライン授業に授業形態を変更し実施します。

対面で実施する予定の科目は、ゼミ科目、実験・実習・実技科目、語学科目(必修、選択必修)、教職科目の一部 、大学院科目、および各学部等が選定した科目です。各学部の判断により実施科目が変更となる場合がありますので、詳細は学生の皆さんに決定次第お知らせします。各科目の授業形態(対面授業、オンライン授業のオンデマンド型・同時双方向型)は、シラバスシステムの「授業方法」欄に明示しますので、履修登録前(9月3日(木)以降 )に確認してください。授業形態について、春学期は「授業外学習欄」を用いましたが、秋学期は「授業方法」欄に変更していますのでご注意ください。

なお、対面授業を実施する場合は、日本に入国できない学生や通学に不安を抱える学生、対面授業の前後の時限にオンライン授業(同時双方向型)を受講する学生の学修機会を確保するため、授業の録画等によるオンライン授業(オンデマンド型または同時双方向型)を別途提供します。 

2.オンライン環境の準備
秋学期も引き続きオンライン授業を実施しますので、パソコン等の端末とインターネット環境を準備してください。
 

3.成績評価方法
原則として授業期間における平常評価とします。平常評価とは、授業における評価、リポート、授業中試験を指します。ただし、一部の科目については定期試験期間中に教室において筆記試験を実施する可能性があります。
詳細は、シラバスの「成績評価 」欄に示しますので、後日お知らせします。
 

4.対面授業実施における感染防止策
(1)    ソーシャルディスタンスの確保
・座席は前後左右1席ずつ空けて着席します。
 ・出席者数は教室の収容定員の1/2以下とします。
 ・履修者が多い科目は、グループ分けによるローテーション出席(隔週で交替等)とします。
(2)    教室内の換気
 ・教室の状況に応じて、30分に1回5分程度の換気や常時窓を開けるなどの換気を行います。
(3)    登校者数の制限
 ・通学経路や休み時間など教室以外での3つの密の発生を防止するために、各キャンパスへの登校者数を在籍者数の約25%となるよう調整します。
(4)    マスクの着用、手指消毒
 ・学生、教職員とも原則としてマスクの着用を求めます。
 ・各建物の入口に手指消毒液を配置します。
 ・教室内は毎朝消毒を行います。

以上