2020.06.30.
各キャンパスへの立ち入り禁止・窓口業務の停止を当面継続します

 政府から4月に発令された緊急事態宣言が解除され、自治体からの休業要請も解除されました。

 関西学院大学は、こうした動きを受けて、6月から部分的・段階的にキャンパスにおける教育・研究活動を再開することを検討しておりましたが、新型コロナウイルスの感染リスクは依然として存在しますので、引き続き、感染防止の取り組みを継続する必要があり、授業については今後も、原則としてオンラインでの実施を継続し、7月以降も当分の間、学生・大学院生ならびに一般の方々のキャンパスへの立入禁止措置を継続します。

 ただし、5月から実施していますPC教室の一部開放に加え、大学院の研究指導・論文指導、実験や実習など、科目の特性上、全てをオンライン授業で実施することが困難な一部の科目の授業と、学部・研究科が指定したゼミの顔合わせや一部科目の試験については、対象となる学生がキャンパスへ立ち入ることを許可します。

 また、キャンパスへの立入禁止措置の継続に伴い、各事務室の窓口業務(カウンター業務)につきましても引き続き停止します。必要のある場合は平日に限り、各事務室において電話等で応対します。
 なお、再開の際には、HP等でお知らせします。

 対象のキャンパスは、西宮上ケ原、神戸三田、西宮聖和、西宮北口、大阪梅田の各キャンパスです。

 東京丸の内キャンパスについては一部開室しますので、詳細は各HPをご確認ください。

  東京丸の内キャンパスHP
 

【在学生】PC教室を予約制で利用できます

 現在、学生のみなさんの大学への立ち入りを禁止しておりますが、やむを得ない理由のある方に限り、PC教室を利用することができます。

 情報環境機構「PC教室を予約制で利用できます(対象:学部生、大学院生、聖和短期大学生)」
 

(7月分)PC教室を予約制で利用できます(対象:学部生、大学院生、聖和短期大学生)関連ページへのリンク