109校の高校生が研究成果を発表!「SGH甲子園2019」

[ 編集者:広報室  2019年3月25日 更新  ]

最優秀賞は富士見丘中学高等学校と神戸大学附属中等教育学校

 全国のスーパーグローバルハイスクール(SGH)の高校生たちが研究成果を発表し合う「全国スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会2019 SGH甲子園」(関西学院大学、大阪大学、大阪教育大学主催、早稲田大学協力)が3月23日(土)、関西学院大学西宮上ケ原キャンパスで開かれました。

 2017年度文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業(主体性分野)の調査・研究の取り組みの一環で、3回目の開催となった今回は、過去最多の109校151チームが参加。関係者を含めて約2,400名が集まりました。高校生の研究テーマは、「ジェンダーギャップ指数から考える日本とフィンランド」や「若者の投票率を上げる方法~日本とドイツの主権者教育徹底解剖!~」、「栄養情報の『見える化』~健康を促進する食品ラベルの提案~」や「守山ホタル再生プロジェクト」などさまざま。発表は、プレゼンテーション、ポスタープレゼンテーション、ディスカッションの3部門に分かれて日本語と英語で行われました。

クリックで拡大画像を表示
 

ポスター発表では鋭い意見や質問が飛び交った

 発表を行った高校生たちからは「研究の結論を裏付ける根拠が足りないと指摘を受けたので、数字を示すなどして改善したい」「似たテーマを研究している高校があってとても参考になった」「ここに集まっている高校生は目が輝いていて、自分の研究に対して質問や意見をどんどん言ってくれた。普段の学校生活にはない経験で、とても刺激を受けた」などの感想が聞かれました。
 発表後は、高校生交流会と高校教員交流会が開かれ、高校生たちは事前に用意していた自己紹介カードを交換して他校の生徒との交流や意見交換を楽しみました。

 閉会式では、主催大学の教員による審査によって各部門の受賞者が発表され、プレゼンテーション日本語部門では「第二言語としての英語学習において読書経験が『辞書観』に与える影響」について発表した神戸大学附属中等教育学校、英語部門では「Trashed Treasures - FOOD LOSS -」を発表した富士見丘中学高等学校がそれぞれ最優秀賞に選ばれ、中央講堂でエキシビジョン発表をしました。

クリックで拡大画像を表示
 

高校生交流会での記念撮影

本大会における受賞高校と受賞者は下記の通りです。

【プレゼンテーション部門】※最優秀賞はエキシビジョン発表を実施
最優秀賞(英語) :富士見丘中学高等学校
          「Trashed Treasures - FOOD LOSS -」
最優秀賞(日本語):神戸大学附属中等教育学校
          「第二言語としての英語学習において読書経験が「辞書観」に与える影響」
優秀賞(英語)  :神戸市立葺合高等学校
優秀賞(日本語) :関西学院高等部

【ポスタープレゼンテーション部門】
最優秀賞(英語)  :高槻高等学校
最優秀賞(日本語) :和歌山県立日高高等学校
優秀賞(英語)   :大阪府立千里高等学校
優秀賞(日本語)  :岡山学芸館高等学校

【ディスカッション部門】
最優秀賞  :小川 紗季さん(岡山県立岡山城東高等学校)
優秀賞   :長野 羽良さん(兵庫県立国際高等学校)
優秀賞   :濱野 那由さん(金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校)

SGHは2014年度から始まった文部科学省による事業で、高等学校での教育を通して、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を目的としています。指定された高校は、目指すべきグローバル人物像を設定して、国際化を進める国内外の大学や企業、国際機関などと連携をとり、グローバルな社会問題やビジネスをテーマに学習を行います。生徒たちは学習を通じて、社会課題に対する関心や教養、コミュニケーション能力や問題解決力などの国際的素養を身につけます。