サッカー部がインカレで初優勝!全タイトル制覇で4冠達成

[ 編集者:広報室  2015年12月20日 更新  ]
試合後の選手たち

試合後の選手たち

 第64回全日本大学選手権の決勝が19日、浦和駒場スタジアム(埼玉県)で行われ、関西学院大学サッカー部が4-0で阪南大学に勝利し、初優勝を飾りました。第44回関西学生サッカー選手権大会、第93回関西学生サッカーリーグ、第39回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントに続き、今季の全タイトルを獲得し、4冠達成となりました。

3本のゴールを決めた出岡選手

3得点の出岡選手

 決勝は30年ぶりの関西対決となりました。関西学院大学は、エースのFW呉屋大翔選手(人間福祉学部4年)が出場停止のため、1トップにはFW出岡大輝選手(人間福祉学部3年)が入りました。前半14分、出岡選手が早速期待に応えます。ゴール前の混戦でボールを奪い、先制弾を叩き込みます。29分、再び出岡選手が得点すると、37分にはコーナーキックを米原祐選手(商学部3年生)が頭で合わせて加点。極めつけは前半43分、スルーパスに反応した出岡選手のシュート。ボールはゴールネットに吸い込まれ、ダメ押し弾でハットトリックを達成しました。関西学院大学は、4-0と大きくリードして、試合を折り返しました。

得点後、喜び合う選手たち

得点後、喜び合う選手たち

 後半も関西学院大学は鉄壁の守備陣がゴールを死守。何度も阪南大学の攻撃を防ぎ、零封しました。

1得点の米原選手

1得点の米原選手

関西学院大学 4-0=4
阪南大学 0-0=0

<第64回全日本大学サッカー選手権大会>
2回戦 札幌大学 3-2
準々決勝 流通経済大学 2-1
準決勝 明治大学 4-2
決勝 阪南大学 4-0

サッカー部HP

外部のサイトへリンク

関学スポーツHP

外部のサイトへリンク