文部科学省「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」に採択

[ 編集者:広報室  2013年11月11日 更新  ]

 関西学院大学は、文部科学省「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」(以下、COI)の拠点公募においてCOI-T(トライアル)拠点として新規採択されました。課題名は「感性に基づく個別化循環型社会創造拠点-感性価値創造研究拠点-」です。
 関学大はサテライト機関として、他のサテライト機関(慶応義塾大学、山形大学)および中核機関(明治大学)と連携してCOI-T拠点を構成しています。

 COIでは、企業や大学だけでは実現できない革新的なイノベーションを大規模産学連携研究チームの形成により実現するとともに、革新的なイノベーションを創出するプラットフォームを整備することを目的としています。このたび採択されたCOI-T(トライアル)拠点は、将来のCOI拠点候補として、ビジョン達成に向けたコンセプトの検証や要素技術の検証を行うため、短期間、小規模にて取り組みます。
 サテライト機関の研究リーダーを務める長田典子理工学部教授は、平成25年度文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞するなど、その研究活動が注目を集めています。

■COI-T(トライアル)拠点構成
中核機関:明治大学 総合数理学科
サテライト機関:関西学院大学 理工学部・感性価値創造研究センター
慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス
山形大学 工学部

■採択されたサテライト機関の概要
・サテライト機関名
「感性に基づく個別化循環型社会創造拠点-感性価値創造研究拠点-」
・参画機関
 金沢美術工芸大学、中京大学、関西学院大学
・研究概要
 感性価値の指標化に向けた基盤整備として、感性価値(好み・楽しさ・心地よさ等)の計測・
 評価・可視化技術の基礎検討、並びに、個人のモノづくりを題材とした感性価値のモデル化
 とフィードバックの検証を行う。
・研究リーダー
 理工学部人間システム工学科 教授 長田典子

文部科学省HP

外部のサイトへリンク

ビジョン別COI拠点等の概要

外部のサイトへリンク