関西学院大学とあしなが育英会が包括協定締結

[ 編集者:広報室  2012年2月13日 更新  ]
調印式の様子(左:井上学長、右:玉井会長)

調印式の様子(左:井上学長、右:玉井会長)

 関西学院大学(学長 井上琢智)とあしなが育英会(会長 玉井義臣)は、国内外での人材育成への支援及び貢献を目的に、このほど包括協定を締結した。

 現在、関西学院大学国際学部(2010年4月開設)では、開設当初から、あしなが育英会からの推薦で毎年2人のエイズ遺児を受け入れている。今後は、この2人の受け入れをベースに、さまざまな形での連携を視野に入れる。

 包括協定は、関西学院大学が、あしなが育英会が推薦する学生(原則、2人以下)を毎年受け入れ、原則として、学部または大学院研究科1年次に入学して卒業するまで、当該学生の学費(入学金、授業料、研究資料費、教育充実費)とその他の諸費(研究雑誌費、後援会費、学生会入会金など)を免除するもの。また、あしなが育英会は当該学生の在学中の保証人として、住居を準備し、勉学に専念し得る生活上・財政上の支援を行う。

 あしなが育英会会長の玉井義臣さんは、調印式で、「国内にとどまらず、広く世界の遺児を支援したい。この協定はその一環。教育が、遺児たちを救い社会に貢献できる人にしていく」と話した。井上琢智学長は、「これまでの国際学部での実績を踏まえ、さらにあしなが育英会と連携を深めていきたい」と話す。