大学院1年生が国際学会を含む3つの学会で受賞―理工学研究科の西井さん―

  • LINEで送る
[ 編集者:広報室  2011年11月10日 更新  ]

 大学院理工学研究科博士課程前期課程化学専攻1年生の西井崇さんが、国際学会を含む3つの学会で賞を受賞しました。大学院1年生が半年の間にこれだけの賞を受けるのは珍しく、快挙。
 受賞した学会と賞は次の通りです。

学会名 : IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011(ICAS2011)
日時 : 2011年5月22-26日
場所 : 京都国際会議場
受賞名 : ポスター賞
タイトル : 「Near-Infrared and Infrared Spectral Analysis of Alcohol Fermentation by Using Chemometrics and Two-Dimensional Correlation Spectroscopy」

学会名 : 日本分析化学会近畿支部第五回夏季セミナー「ぶんせき秘帖~巻ノ五~」
日時 : 2011年8月8-9日
場所 : 箕面市立青少年教学の森 野外活動センター
受賞名 : 若手優秀賞
タイトル : タイトル「近赤外・赤外一体型分光計による生化学反応のモニタリング解析」

学会名 : 日本分析化学会第60年会
日時 : 2011年9月14-16日
場所 : 名古屋大学東山キャンパス
受賞名 : 若手講演賞
タイトル : 「近赤外・赤外一体型分光計によるアルコール発酵過程のモニタリング」