2017.04.05.
司法研究科新学期ガイダンスおよび教員のFD(Faculty Development)研修会 開催のご報告

4月4日(火)13:30から、獨協大学の花本 広志 教授をお招きし、「法を上手に学ぶために-学習科学の知見から-」というテーマで、司法研究科新学期ガイダンスを新入生向けに開催しました。

講師の花本教授は、民法の研究に加え、学習科学を始めとする最近の教育学の成果を取り入れた法律学習の方法論や新しい授業手法の研究のパイオニアです。

ガイダンス当日は、これまでの花本教授の研究成果をもとに、どうすれば法を上手に学ぶことができるか、ワークショップ形式で学びました。参加者である新入生および在学生は各プログラムに熱心に取り組んでおり、今後の勉強方法の確立について非常に参考になったのではないかと思われます。

新学期ガイダンスの様子

新学期ガイダンスの様子

また、同日15:00から、司法研究科の教員を対象に「法学教育をより効果的かつ効率的なものにするために-アクティブラーニング型法学授業の方法と考え方-」というテーマのもと、こちらもワークショップ形式でFD(Faculty Development)研修会を実施しました。

FD研修会の様子

FD研修会の様子