2018年度ユニーク卒論・修論の概要と推薦の理由

[ 編集者:広報室       2019年2月8日 更新  ]

 関西学院広報室ではこの時期、3月に卒業を迎える学生の卒業・修士論文について、ユニークな視点に立つものや丹念な調査による特徴のある論文を各担当教員の推薦で募集し、紹介しています。今年は以下のとおり25本をご紹介します。

●卒業論文

スピリチュアルペインからの回復—— キリスト教信仰の意味に注目して ——

東ドイツのアート・フィルムポスター研究――社会主義政策と〈手書き表現〉

認知症患者と社会との繋がり―認知症カフェを通じて―

「日本の医療費と訪日外国人について」―医療費未払い問題と国民皆保険制度の視点から―

買い物行動・通院行動を測定する質問文の開発とその可能性

セクシュアル・マイノリティのアイデンティティの作られ方―どうやって自分がセクシュアル・マイノリティだと認識するのか

過労死自殺の原因の研究~日本と欧米諸国の労使関係の比較の視点から~

オタクが持つメタステレオタイプによる趣味開示抵抗感の検討

県民生活実態調査による新たな通勤実態把握の試み

目のイラストによる備品盗難抑止効果の研究

舞台芸術ファンの応援について――宝塚歌劇と2.5次元ミュージカルを事例に

働きやすい労働環境の研究―労働問題と心理的安全性の視点から―

日本人として戦った台湾原住民青年-高砂義勇隊への志願決意とその要因

アタッチメント形成における第三者の介入

福祉施設のネーミングを通して分析する、福祉に対する社会のイメージの考察

大学における留年生の“本当のところ”~当事者へのインタビューの分析を通じて留年生の「生」をみつめる~

キッザニアでの就業経験から得られる学び~野外教育の視点から~

有料老人ホームで働く介護職のやりがいに関する研究

宝塚中心市街地における持続可能な魅力の維持向上

学生はリクルートスーツを着る必要があるのか?~紳士服メーカー、採用企業、学生が持つ印象の相違~

地方都市における音環境の現況調査とサウンドスケープマップの作成に関する研究 ―兵庫県丹波市柏原町を対象とした現地調査を通して―

税負担は投票参加にどのような影響を与えるのか―マクロ・データとミクロ・データを用いた税制と投票参加の関係に関する分析

Word2vecとトピックモデルを用いたMr.Childrenの歌詞の傾向解析

●修士論文

UPP(Unreal Prank Painter):悪戯の楽しみに着目した落書きコンテンツ