2017.12.05.
2018年1月5日(金)~7日(日)「ハーバード大生×関学大生の交流事業」(言語:英語)を実施いたします!

「Continue to Challenge for the World Issue-things we can do for SDGs-(世界に挑戦し続ける-SDGsに私たちは何が出来るのか-)」

 2018年1月5日(金)~7日(日)にかけて、米・ハーバード大学で日米の学生間交流の促進を目的に活動している学生団体「Harvard College Japan Initiative(HCJI)」の様々なバックグラウンドをもつ学生と関西学院大学の国際ボランティアプログラムを通して国際社会貢献活動に参加した経験のある関西学院大生による交流事業を実施いたします。ハーバード大学からは、90名を超える応募の中から厳しい選考に通過した5名が来日します。3度目の開催となる今回の討論のコンセプトは「Continue to Challenge for the World Issue-things we can do for SDGs-(世界に挑戦し続ける-SDGsに私たちは何が出来るのか-)」。
 SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な世界を実現するための17のゴール」であり、2016年から2030年までの国際目標です。
 両大学の学生たちは、1月5日に関西学院大学中央講堂2階ラウンジ(上ヶ原キャンパス)で総合政策学部教授で元UNDP(国連開発計画)駐日代表の村田俊一氏の講義を受ける事から始まり、 1月5・6日の2日間で国際間の課題等について意見交換や討議をし、交流を深め最終日に臨みます。
 1月7日は、西宮市大学交流センター(西宮ACTA東館6階)にてプレゼンテーションやパネルディスカッションを予定しており、一般の方を交えてのオープンディスカッションも行いますので、国際問題に関心のある高校生や高校教員の方も、ぜひご参加ください!全日程参加費無料・申し込み不要・入退場自由です。

スケジュール概要:1月5日(金)10:30~15:00 於:関西学院大学中央講堂2階ラウンジ
         <村田俊一教授による講義・HARVARD×KGディスカッション>
         1月6日(土)9:30~15:00 於:関西学院大学中央講堂2階ラウンジ
         <HARVARD×KGディスカッション>
         1月7日(日)13:00~16:00 於:西宮市大学交流センター
         <プレゼンテーション(予定)・会場全体でのオープンディスカッション>

<参加費無料・申し込み不要・入退場自由> 

お問い合わせ先:高大接続センター 中村・松井(0798-54-6410)

「ハーバード×KG」フライヤーはこちらをご覧ください。

「HARVARD×KG」フライヤー[ 224.35KB ]PDFリンク

SDGs(持続可能な開発目標)持続可能な開発のための2030アジェンダ (外務省ページ)外部サイトへのリンク

昨年度の様子(動画)はこちら↓