2015.09.11.
元国連職員(ユニセフ等)の講師派遣のご案内

 関西学院大学は、約20年前から、国連と密接に連携した教育プログラム群を展開してきました。国連本部で実施する学生研修「国連セミナー」のほか、アジアの大学では初めての、国連ボランティア計画と協定を結んだ途上国への学生の派遣(国連ユースボランティア制度)、2013年度からは、本学内に「国連ユースボランティア派遣日本訓練センター」を設置など。
 これらを基盤に、2014年「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択され、「世界の公共分野で活躍するグローバルリーダー」を育成するためのプログラムを体系的に整備。そのひとつとして国際機関への日本人職員輩出という国家的課題に寄与を目的に、大学院修士課程に「国連・外交コース」の設置を計画。当該分野へのキャリア構築を支援するため、外務省国際機関人事センターと連携した「関西学院大学国際機関人事センター」を設置。
そのセンターに今回着任した元国連職員(ユニセフ等)を講演講師として各高等学校へ派遣をいたします。
 
 高等学校での国際教育の一助、国際機関で働きたい生徒諸君に対して、課題研究で開発途上国などをテーマに世界の問題をいろいろな視点から調査研究に取り組んでいる生徒諸君にとって非常によい機会になると考えます。
是非ご活用ください。

 ご講演は講義形式でなくても、生徒諸君とのディスカッション形式でも可能です。
また、参加人数に制限などにございませんので、少人数でもお問い合わせ(お申込み)ください。お申し込みは添付の「講演依頼書」をご利用ください。

■講演テーマ例(課題研究テーマ対象者例)
「国際社会に貢献するには」
「国際機関で働くには」
「世界の人々の役に立ちたい」
「難民問題」
「環境破壊問題」
「都市化とスラム」
「途上国における貧富の格差」
「差別や人種問題」
「子どもたちの権利」
「世界の保健、栄養、水・衛生、教育、HIV/エイズ」など
「開発途上国の問題や課題についての研究」

■紹介派遣講師
関西学院大学SGU招聘客員教授 久木田 純(くきたじゅん)

[略歴]
UNICEF駐モルディブ事務所に赴任。UNICEF東京、ナミビア、バングラデシュ事務所に勤務した後、2002年よりユニセフ・ニューヨーク本部の事業資金部上級事業資金担当官、UNICEF東ティモール所長、カザフスタン所長を歴任、今年3月UNICEFを退官、関西学院大学国際機関人事センター着任。
少し古い記事ですが、以下URLが久木田先生の経歴や人柄がおわかりいただける記事でございます。

久木田先生紹介記事外部サイトへのリンク

講演依頼書[ 152.21KB ]PDFリンク