2018年1月20日(土)「高校生公開討論会」を開催致します!

[ 編集者:高大連携課       2017年12月5日   更新  ]

高校生公開討論会『グローバル経済における「経済連携協定(EPA)」の意義について考える』

 関西学院大学は2018年1月20日(土)、西宮上ケ原キャンパス中央講堂で、高校生公開討論会『グローバル経済における「経済連携協定(EPA)」の意義について考える』を開催します。
「イギリスのEU からの離脱」、「アメリカ(トランプ大統領)の保護主義政策・TPP 離脱」、「ヨーロッパの保護主義政党の台頭」など、世界はめまぐるしく変化しています。このような現状の中で、複数の巨大な「経済連携協定(EPA)」を理解しつつ、グローバル経済における「経済連携協定(EPA)」の意義について考えつつ討論会を実施します。
 SGHアソシエイトの兵庫県立長田高等学校、スーパーグローバルハイスクール(SGH)の大阪府立北野高等学校、関西学院高等部、関西学院千里国際高等部の生徒たちが討論します。
 上記以外の高校生もフロアから討論に参加可能で、一般の方の観覧もできます。事前申し込み不要、参加費無料です。ぜひ高校生・高校教員の方もご参加ください!

日時:2018年1月20日(土)10:00~16:00

基調講演:『世界と日本のFTA』
     長崎 勇太 氏 ジェトロ(日本貿易振興機構)海外調査部国際経済課
     
特別講演:『TPPが果たす国際戦略』
     甘利  明 氏 衆議院議員

場所:関西学院大学西宮上ケ原キャンパス中央講堂

共催:EUインスティチュート関西(神戸大学・関西学院大学・大阪大学)
   大阪府立北野高等学校、兵庫県立長田高等学校、関西学院高等部、関西学院千里国際高等部

後援:文部科学省

お問い合わせ先:関西学院大学高大接続センター(TEL:0798-54-6410)

↓当日の詳細は、こちらをご覧ください。