トップページ  >  あたたかな まなざしを「愛情を感じられる幼稚園」(2018年4月)

あたたかな まなざしを「愛情を感じられる幼稚園」(2018年4月)


愛情を感じられる幼稚園

 ご入園、ご進級おめでとうございます。
 園長の赤木敏之です。
教職員一同、子どもたち一人ひとりに「あたたかなまなざし」を注いで、キリスト教保育をしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、今年度も「あたたかなまなざしを」のコーナーは、幼稚園での生活、子どもの育ちについて、ご一緒に考えていきたいと思います。
1年間、ご笑読いただけると幸いです。

~愛情を感じられる幼稚園~

 本園は、キリスト教保育を実践しています。
子ども一人ひとりをありのままに受けとめ、尊重することが、キリスト教保育の第一歩です。幼稚園の教職員全員で、神さまから託された子どもたちの命、個性を大切に守り育てていきます。
 一人ひとりの子どもが、神さまの愛の中に、多くの人々の愛の中に生かされている、守られている、そして愛の中で生きているということを感じることが大切です。自分自身がありのまま受け止められ、かけがえのない存在であると、子ども自身が感じているかどうかが重要です。神さま、ご家族、保育者、友だちの愛の中に生かされている、守られている、生きている、一緒にいて楽しいと思っている、感じている子どもは、心が満たされており、幸せであると思います。
 まずは、保育者と信頼関係を築くなかで、子ども自身が自分を信じ、自分らしい歩みができるように援助していきたいと思います。

 子どもたちが安心して園生活を過ごすためには、ご家庭(保護者)と園との信頼関係が大切です。保護者の方々と子どもたちの育ちの喜びや悩みを分かち合う中で、「子どもにとって大切なこと」をキーワードに共に歩みましょう。

 子どもたち一人ひとりに愛情ある関わりを行い、あたたかな雰囲気のなかで、子どもたち一人ひとりが愛されていることを感じとれる「まなざし」、「子どもへのかかわり」を大切に、保育をしていきたいと思います。

(アウトドア派園長:あかぎ としゆき)