園長から「植物だより」(2014年7月)

せいわようちえん・植物だより

~夜に咲く花~

 「月下美人」(ゲッカビジン)という多肉植物をご存知ですか? 私は、幼少の時に近所にあった廃屋の庭(壊れた温室)に、放ったらかしになっていたゲッカビジンを拾ってきました。そのゲッカビジンを新しい植木鉢に植え替えて、そのまま数か月置いたままにました。するとある夜、花が咲き、家族が大喜びして観察していたのです。その白く美しい花、甘い香りは感動的で、今でも思い出せるほど心に残っています。
 この時、夜に咲く花があるというのを知りました。ゲッカビジンは、夜に活動するコウモリが蜜を求めてくることで受粉できるように、夜間に咲き・強く芳香する植物になったとのことです。

虫がこの役割をする(虫媒花)ものもあります。

―名前から夜咲くことがわかるもの―
○マツヨイグサ(待宵草)
○ツキミソウ(月見草)
○ヤコウボク(夜行木)

○エンジェルトランペット(キダチチョウセンアサガオの園芸品種)
○ヒョウタン
○ユウガオ
○ネムノキ
○カラスウリ
○オシロイバナ
なども夜に咲く花々です。

マツヨイグサ(メマツヨイグサ・アレチマツヨイグサ、コマツヨイグサなど種類も多い)、オシロイバナ、ユウガオなどは、空き地などでも生えています。今年の夏は、親子で夜に咲く花を探してみるのもおもしろいのではないでしょうか。

 

(植物大好き園長:いずはら だい)