園長から「植物だより」(2013年1月)

せいわようちえん・植物だより

オレンジオイル

冬の果物といえば蜜柑。家族団らんの時、欠かせないものですよね。そんなミカンの皮を剥こうとすると、香りとともに手にぬるっとした汁がつきます。これは、ミカンの皮に含まれる「リモネン」と呼ばれる成分で、この油分はオレンジオイルとして昨今いろいろな用途に活用されています。食卓用洗剤に「オレンジオイル配合」などと、記されていることを目にしたことはありませんか?
これは、このオレンジオイル・リモネンの力により、しつこい食用油汚れを簡単に落とすことができるという効果を利用しています。また、近年このオレンジオイル・リモネンの性質を活かして発泡スチロール溶かし、ゴミ処理のかさを減らす研究なども進んできています。

 こんなオレンジオイル・リモネンを使った遊びもあります。
①アクリルやプラスティックの板などに油性のペンで絵を描きます。この絵を、ミカン、レモンなどの皮で汁を搾るようにしながら拭くと不思議に絵が消えていきます。
②発泡スチロールのトレイをいろいろな形に切り、この破片にレモン、ハッサクの皮の汁を付けて、破片同士をくっつけての造形を楽しんだりもできます。
 
 こんな遊びを通しても、オレンジオイル・リモネンの力を知ることができますね。ご家庭でも、親子で驚き・楽しみながら、ぜひお試しください。
 

(植物大好き園長:いずはら だい)