2018年度大学自己点検・評価について

[ 編集者:総合企画部   2019年3月25日 更新  ]

2018年度の自己点検・評価では、以下の取り組みを行いました。

<取り組み内容>

(1)理念、教育研究目的、方針等の検証
2017年度に引き続き、A票(<理念・教育研究目的、教育目標、方針等>設定・確認シート)を用いて、2015年度に策定した目標や方針等について内容及び適切性の検証を行いました。

(2)めざす姿(目標)と行動計画の進捗に関する評価
2018年2月に公表された「Kwansei Grand Challenge 2039」の長期戦略に示したとおり、本学ではSGUを含む中期計画と大学自己点検・評価の2つのPDCAサイクルを、2019年度以降は「中期総合経営計画」のPDCAサイクルに統合することになりました。これに伴い、2018年度は大学執行部、学部・研究科ではそれぞれ以下の取り組みを行いました。
<大学執行部>
中期総合経営計画で計画の統括・担当を担う機構・センター等大学執行部の部署は、従来の自己点検・評価ではなく、これまでの自己点検・評価の総括を含めて2019年度からスタートする中期総合経営計画の実施計画を策定しました。
<学部・研究科>
学部・研究科においては、2018年度の自己点検・評価の取り組みを2019年度の実施計画策定の準備期間と捉え、これまでのC票に代わって、自己点検・評価総括シートを用いて、教育研究目標(めざす姿(目標))の進捗評価を行うとともに、これまでの3年間の取り組みの総括を行い、各学部・研究科における課題を抽出しました。

なお学部・研究科は、A票および自己点検・評価総括シートについて、評価専門委員会委員による取り組み状況に対する所見の内容をもとに、再度帳票内容の見直し・修正等を行っています。
2018年度大学自己点検・評価結果は、2019年3月の評価推進委員会において承認されましたので、以下のとおり、学部・研究科の取り組みを公表いたします。

・2018年度大学自己点検・評価結果について(評価推進委員会委員長)

2018年度関西学院大学自己点検・評価結果について   [ 133.94KB ] PDFファイル

・学部・研究科の取り組み

神学部、神学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

文学部、文学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

社会学部、社会学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

法学部、法学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

経済学部、経済学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

商学部、商学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

理工学部、理工学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

総合政策学部、総合政策研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

人間福祉学部、人間福祉研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

教育学部、教育学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

国際学部、国際学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

言語コミュニケーション文化研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

司法研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

経営戦略研究科(博士課程後期課程)の自己点検・評価関連ページへのリンク

経営戦略研究科(専門職課程)の自己点検・評価関連ページへのリンク