2016年度大学自己点検・評価について

[ 編集者:総合企画部   2017年3月24日 更新  ]

2016年度の自己点検・評価では、以下の取り組みを行いました。

<取り組み内容>

(1)理念、教育研究目的、方針等の検証
A票(<理念・教育研究目的、教育目標、方針等>設定・確認シート)を用いて、2015年度に策定した目標や方針等について内容及び適切性の検証を行いました。

(2)めざす姿(目標)と行動計画の進捗に関する評価
C票(<目標、行動計画>進捗確認シート)を用いて、2015年度に策定した2021年度のめざす姿(目標)を達成するうえでの現状分析や行動計画の過不足等の検証を行い、取り組みの達成度評価を実施しました。目標等の進捗評価にあたっては、評価結果に基づく改善を時期を逸することなく次の計画につなげるため、年度末の状態を見込んで評価しました。

なお大学全体の目標は、2015年度に大学執行部と全学機能の一部を担う機構・センターのそれぞれが目標を策定し、本来全学的な視点から一体的な目標を策定すべき両者の間で整合性を欠いたため、上記(1)、(2)の取り組みに先立って、両者の目標を全学的な視点で教育研究目標とアシスト目標(教育研究目標に組み込まれた目標以外に、機構・センターがそれぞれの役割に基づいて策定した目標)に整理し直しました。また各目標について主管部局・担当部局を設定し、責任の所在を明らかにしました。

A票およびC票については、評価専門委員会の学内・学外委員による第三者評価を実施しておりますが、大学および各学部等部局では、第三者評価実施後も、最新の状況をもとに再度帳票内容の見直し・修正等を行っています。

2016年度大学自己点検・評価結果は、2017年3月の評価推進委員会において承認されましたので、以下のとおり、大学および各学部等部局の取り組みと第三者評価結果について公表いたします。

・2016年度大学自己点検・評価結果について(評価推進委員会委員長)

2016年度関西学院大学自己点検・評価結果について   [ 86.87KB ] PDFファイル

・大学全体の取り組み

大学全体の自己点検・評価関連ページへのリンク

・学部・研究科の取り組み

神学部、神学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

文学部、文学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

社会学部、社会学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

法学部、法学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

経済学部、経済学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

商学部、商学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

理工学部、理工学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

総合政策学部、総合政策研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

人間福祉学部、人間福祉研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

教育学部、教育学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

国際学部、国際学研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

言語コミュニケーション文化研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

司法研究科の自己点検・評価関連ページへのリンク

経営戦略研究科(博士課程後期課程)の自己点検・評価関連ページへのリンク

経営戦略研究科(専門職課程)の自己点検・評価関連ページへのリンク