「なぜ今、ミッションステートメントか」

[ 編集者:総合企画部   2010年12月21日 更新  ]

Why Do We Need a Mission Statement Now?
関西学院 院長 Ruth M.Grubel

関西学院 院長 Ruth M.Grubel


If someone asks, “What kind of school is Kwansei Gakuin?” or if you want to describe K.G.’s defining characteristics to a visitor, what will you say? How can we express the identity and purpose of this institution in a clear and simple way?

In 1994, Kwansei Gakuin consisted of three schools; a Junior High, a Senior High, and a University, all located on a single contiguous campus in Nishinomiya Uegahara. At that time, there were a total of 370 fulltime faculty members and 263 administrative staff members. Without much effort, this community was able to share core values and a common identity among themselves. However, by 2010, Kwansei Gakuin has grown to encompass ten schools on seven campuses, and the number of fulltime faculty members has more than doubled to 760. If we include part time and limited term colleagues, there are about 3500 faculty and staff members working today in this “Learning Community”.

Unlike twenty years ago, the majority of our faculty and staff today are not Kwansei Gakuin graduates, and their variety of experiences and perspectives helps to enrich the level of creativity and academic exchange. Yet, because we are separated by different academic experiences, as well as different campus locations, and even different campus cultures, we now need to clarify what it means to be part of Kwansei Gakuin. What is the common thread that ties our disparate parts together? What are our shared core values, which guide our current operations and plans for the future?

In 2008, Kwansei Gakuin embarked upon a “New Strategic Plan” to prepare for a more dynamic future in a well-considered, and collaborative manner. One of the first tasks in this planning process was to develop a “Mission Statement” to express the essence of our identity and purpose. Unlike profit-making corporations, non-profits like Kwansei Gakuin cannot show their success through financial earnings. Instead, we must demonstrate clearly how well we are implementing our institutional mission. As we grow in the number of campuses, students, and staff members, sharing a common mission, as a guiding star, becomes essential. In addition to the need to clarify our mission for everyone on our campuses, Kwansei Gakuin must be able to express its identity clearly to alumni, parents and guardians, as well as the broader society.

Creating a mission statement with such high expectations was not easy, but over the course of the 2008 academic year, the mission statement working group gathered ideas and feedback from throughout the institution. Specifically, there were meetings with Strategic Plan Committee members to gather key words, feedback meetings were held with a variety of groups after a draft was written, and comments on drafts were invited from all faculty and staff on the intranet system.

Since its foundation in 1889 as a boys' secondary school, Kwansei Gakuin has had statements regarding the rationale for its existence and the goals of its educational programs. In the original school Constitution are these words:

“The object of this Institution is the training of chosen young men for the Christian ministry and the intellectual and religious culture of Japanese youth in accordance with the principles of Christianity.”

Later, in 1932, when Kwansei Gakuin University was established, Dr. C.J.L. Bates, the first president, wrote about “Mission,” and we can recognize in his words the ideals that were carried forward from the time of the founders.

“Our Mission is to make men, men of pure hearts, men of strength of character, men of quickened insight, of fidelity to truth and duty, men of sincere loyalty and unswerving faithfulness, men of magnanimity.”*

The Mission Statement, which resulted from the 2008 Strategic Plan process reflects Kwansei Gakuin’s original raison d’etre, as well as the hopes and expectations of a large educational institution serving the world in the 21st century. We hope that this Statement will clarify our identity and assist in guiding our future decisions throughout our Learning Community.

 *Until 1946, Kwansei Gakuin was an all-male-student institution, so the documents of those early years reflect this fact. However, since the University began welcoming female students after the Second World War, we strongly believe that our ideals and mission apply equally to both men and women, and are committed to building an inclusive community, which nurtures and inspires people.



なぜ今、ミッション・ステートメントか

もし、あなたが「関西学院ってどんな学校?」と尋ねられたり、来訪者に関学を特徴づける個性について説明したいと思ったら、何を話しますか? 学校の存在意義(アイデンティティ)と目的を明確かつ簡潔に説明するにはどうしたらいいでしょう?

1994年、関西学院は、西宮上ケ原の一つのキャンパスの中に中学部、高等部、大学という三つの学校しかありませんでした。当時専任教員は370名、専任職員は263名でした。お互いの間であらためて何かをしなくても、価値観や「関学らしさ」を自然に共有していました。しかし、2010年までに学院は、7つのキャンパスに10の学校を擁するまでに大きくなり、専任教員の数は94年当時の倍以上、760名となりました。非常勤や任期制の方々を含めると、私たちの「学びと探究の共同体」には3500名の教職員が働いています。

20年前とはちがって、その教職員の多くが関西学院の出身者という訳でもありません。むしろ多彩な経験と視点をお持ちの方々が集うことにより、創造性と学術交流のレベルが高まっています。しかし、私たちは学問的な経験の違いに加え、キャンパスの位置、さらにはキャンパス文化も異なります。だからこそ、今、私たち一人ひとりが、関西学院の一員であることの意味を明確にすることが必要になっています。異なるものをひとつにつなぎ合わせるものは一体何でしょうか。現在の学院運営と、未来に向かっての計画策定の拠り所となる、学院全体の「核となる価値観」とは何でしょうか。

関西学院は2008年、学内の多くの力を合わせ、熟慮を重ね、よりダイナミックな未来を展望するために、「新基本構想」の策定に着手しました。その最初に、私たちの学院の本来のあり方や目的の本質をあらわすべく「ミッションステートメント」を策定しました。利益を追求する企業とは異なり、関西学院のような非営利組織は、その収益などで成果を測ることはできません。私たちは、学院のミッションをどのように具現化しているかこそを示さなければなりません。キャンパスの数、学生数、教職員数が多くなるにつれ、私たちを導く星(a guiding star)としてひとつのミッションを共有することが不可欠になってきています。すべてのキャンパスに集う一人ひとりに対して学院のミッションを明らかにすることに加えて、関西学院が自分たちのあるべき姿を同窓生、保護者、そしてより広く一般の社会に対して、明確に示すことが求められているのです。

そのような大きな意味をもつミッションステートメントを起案することは、決してたやすいことではありませんでしたが、2008年度を通じてミッションステートメント検討ワーキンググループは、広く学内からアイディアや、草案に対する意見を募りました。具体的に言えば、新基本構想策定委員会との話し合いのなかでステートメントのキーワードとなる言葉を選び、案文がまとめられた後、さまざまなグループに意見を求めました。また、学内ネットを通じて、教職員の方々にコメントをお願いしました。

1889年に神学部と普通学部から成る男子校として創立された関西学院は、学院の設立趣旨と教育活動の目的についての考え方を、「関西学院憲法」の中で表しました。

「本学院ノ目的ハ、基督教ノ伝道ニ従事セントスル者ヲ養成シ、
且ツ基督教ノ主義ニ拠リテ日本青年ニ智徳兼備ノ教育ヲ授クルニアリ」
(「関西学院憲法」(和文) 第二款 目的)

その後、関西学院大学が設立された1932年、初代学長に就任したベーツ先生は「ミッション」について一文を記しており、私たちはその言葉によって創立当初から継承されてきた理念を知ることができます。

「私たちのミッションは、純粋な心、強靭な精神を持ち、洞察力に
長け、真理と義務に忠実な人間、偽りのない誠実さとゆるぎない
忠誠心に富み、そして寛大さを備えた人間を育むことである。」

2008年の新基本構想策定の過程で生み出されたミッションステートメントは、関西学院創立以来のレーゾン・デトール(存在の根本理由)を踏まえ、21世紀において世界に向かって貢献する学院への希望と期待を示すものなのです。このステートメントが、私たちがどのような学園であるべきかを明確に示し、学院の中でなされるさまざまな意思決定のよき指針となることを願っています。

※1946年まで関西学院は男子校だったので、初期の頃の文書にはそのことが色濃く反映されています。しかし、本学が第二次世界大戦後に女子学生を受け入れるようになってからは、私たちはこの理念とミッションを共有するのに男女の区別はないことを当然のこととして認識しています。そして、人々を啓発し、育てていく、包摂的なコミュニティを築くことを誓います。