関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME> ミッションステートメント 解説

ミッションステートメント 解説

  •         

[ 編集者:総合企画部   2017年5月1日 更新  ]

解説

By describing Kwansei Gakuin as a “learning community,” we understand that education and research are collaborative endeavors. KG was founded on “the principles of Christianity,” and these principles continue as the core of its existence. This refers to learning about the theological and cultural aspects of Christianity, including the significance of Jesus Christ, but it also means that all the goals and values of this community are firmly rooted in Christian ideals. Human rights, peace, respect for nature, social justice, and cross-cultural understanding are prime examples of such values that guide our studies and life together toward an inclusive community “without fences.”
Through this educational environment, all the members, who include students and their families, faculty, staff, and alumni, are motivated to seek new knowledge, and the full life that is most suited to each, based on individual talents, interests, and abilities, as well as social needs. “Life missions” also include vocations in Christian Ministry, one of the original courses at Kwansei Gakuin, and this training continues as an important element of the Christian principles. The content of a KG education nurtures people to develop social, moral, and academic skills that allow them to participate creatively around the world, and take leadership as agents of change in the societies where they live, thus actualizing the ideal of “world citizen.” Like Kwansei Gakuin’s founder, Walter Lambuth, world citizens have the skills to communicate and empathize with others, and then take responsibility for creating a better world. KG’s motto, “Mastery for Service,” is explained further by emphasizing that its motivation must be the care and concern for others.


 関西学院は「学びと探究の共同体(ラーニングコミュニティ)」であり、私たちは、教育と研究を二つにして一つの、また、すべての構成員によって担われる協同の営みであると考えています。建学の理念である「キリスト教主義」は、今もなお学院に息づく精神的基盤です。このことは、イエス=キリストという存在のもつ意味を含めて、キリスト教の宗教的側面と文化的側面の双方が探究されることを意味し、同時に、学院という共同体の目的と価値のすべてが、キリスト教の理念に強く根ざしていることを示しています。「垣根なき共同体(インクルーシブコミュニティ)」をめざして、私たちの学びと人生をともに導くそうした価値観の主要な例として、人権、平和、自然への敬意、社会的正義、異文化間の相互理解があげられるでしょう。こうした学院の教育環境を通じて、児童・生徒・学生とその家族、ならびに教職員、同窓生のすべては、社会の要請に応え、また、一人ひとりの資質、関心、技能に応じて、新たな知を探究し、各人にもっともふさわしい充実した生――すなわち「生涯課題(ライフミッション)」――を追求します。
 「生涯課題(ライフミッション)」の語は、学院発足当初の目的であったキリスト教伝道者への召命も意味しますが、そのための教育は、現在もキリスト教主義教育の重要な要素として引き継がれています。関西学院の教育は、社会的、道徳的、学術的な力を涵養することで、そこで学ぶ者が創造力をもって世界で活躍することを可能にし、ひいては、自らが生きる社会を変革するための指導力を発揮するように促します。これは、「世界市民」という理想実現のための手段にほかなりません。世界市民とは、学院の創立者ウォルター・ランバスのように、他者と対話し共感する能力を身につけ、よりよい世界の創造に向けて責任を担う人々のことです。関西学院のスクールモットー“Mastery for Service”は、他者への関心と思いやりに支えられたときに、はじめて十全の意味をもつのです。


(関西学院 新基本構想 資料編)

このページの先頭に戻る