CRESCENT Hourインドネシア人の研究者としての日本での経験

日時:
2018年04月18日(水) 12時50分 ~ 2018年04月18日(水) 13時20分
場所:
アクティブラーニングゾーンオレンジエリア

■タイトル
インドネシア人の研究者としての日本での経験

■講演者
ビビン・B・アンドリアナ(理工学部 助教)

■内容
私はインドネシア出身です。これまでインドネシア、ドイツ、日本で研究を続けてきました。
今年で日本での生活は13年目になりますが、はじめは日本語が全く話せない状態で日本での生活がスタートし、普通の生活にとても苦労しました。
今回はそんな日本での奮闘記とお話しします。


※「クレセントアワー」とは

新たな発見と出会いをあなたへ。
アカデミックコモンズが設立してから連続で開催し続けている目玉アクティビティ。毎週水曜お昼休みに、先生や職員、学生が「難しい話は一切無し」のルールで、昼食を食べながら語り合います。

学内で見かける人物の意外な側面に出会えるかも。

クレセントアワーポスター(ビビン・アンドリアナ先生) [ 251.38KB ]PDFリンク

戻る