2018.10.16.
橋本秀樹・理工学部教授が兵庫県科学賞を受賞

橋本秀樹・理工学部教授が兵庫県科学賞を受賞

理工学部環境応用・化学科の橋本秀樹教授が10月15日、兵庫県科学賞を受賞しました。
この賞は県民文化の高揚、科学技術の向上、スポーツの発展及び明るい地域社会づくりに顕著な貢献をされた個人又は団体に、文化賞、科学賞、スポーツ賞及び社会賞を贈り表彰されるものです。
 
 橋本教授は「学生・院生として関西学院大学に在籍していた時から継続してきた光合成初期反応の機能解明に関する研究と、理工学部に環境・応用化学科を新設し開拓してきた人工光合成による次世代燃料開発に関する研究の成果が認められてこのような栄誉を授かることができました。様々な人々のお支えに感謝します。」と喜びを語りました。

橋本研究室別タブリンク