2017.02.17.
若林克法・理工学部先進ナノエネルギー工学科教授の研究成果が「Physical Review Letters」に掲載

若林克法・理工学部先進ナノエネルギー工学科教授とFeng Liu(フェン・リュウ)博士研究員は、トポロジカル状態を有する物質(以下、トポロジカル物質)を設計する新しい理論を提案いたしました。この研究成果は2月16日(米国東部時間)に物理学で最も権威のある学術誌「Physical Review Letters」に掲載されました。本研究は一部、文部科学省科学研究費補助金の新学術領域研究「原子層科学」から援助を受けています。

詳細については、以下のリンクをご覧ください。

関西学院大学 報道発表外部のサイトへリンク