2016.02.02.
論文チェックツール「turnitin」ユーザー説明会開催

研究推進社会連携機構では、2016年度より論文オリジナリティチェックツール「turnitin」を導入し、以下のとおり、ユーザー説明会を開催します。

本ツールの導入目的や期待される効果、概要、導入までの今後のスケジュールは、添付ファイルをご確認ください。

【ユーザー説明会】
■日 時:2016年2月23日(火)12時45分~13時45分
■場 所:西宮上ケ原キャンパス本部棟2階会議室4
(遠隔:神戸三田キャンパス1号館第1会議室、西宮聖和キャンパス1号館2階第三会議室)
■内 容:(予定)導入経緯・目的説明、「turnitin」概要説明、機能・操作説明、質疑応答、スケジュール紹介、アカウント発行受付、マニュアル、FAQ配布など
■お問い合わせ: kg.turnitin@kwansei.ac.jp  研究推進社会連携機構(担当:白坂)

【「turnitin(ターンイットイン)」について】
http://turnitin.com/ja/
論文チェックや文章作成スキル教育のオンラインツール。研究者の論文やレポートを独自のデータベースやWebと照合し、不適切なコピーアンドペースト等、剽窃・盗作が懸念される箇所を可視化。提出物へのフィードバックや成績・評価、学生同士のピアレビューもオンライン上で可能。本学の交換留学等協定校でも導入実績があり、世界的な教育・研究インフラとなりつつある。

論文オリジナリティチェックツール「turnitin」について PDFファイル   [ 129.00KB ]PDFリンク

turnitin外部サイトへのリンク