2019.12.12.
「感性価値創造シンポジウム」を開催 ~感性価値創造研究センター(センター長:長田典子・理工学部教授)

関西学院大学の感性価値創造研究センター(センター長:長田典子・理工学部教授)がグランフロント大阪にて、「感性価値創造シンポジウム」を開催します。(大阪イノベーションハブとの共催)

感性価値創造研究センターでは、人間の感じ方や価値観を科学的にとらえ、ものづくりに活かすという感性工学の立場から、一人ひとりの感性を大切にしたプロダクトデザインやサービスデザインを実現するための研究開発に取り組んでおり、生理・心理測定からCGやシミュレーション、AIまで幅広い手法を活用しています。

本シンポジウムでは、文部科学省「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」」の研究成果として、感性の仕組みを解き明かす基礎研究から、製品の実用化、デザインに活用する応用研究までをご紹介します。

開催概要
関西学院大学 感性価値創造シンポジウム
日時 2019年12月18日(水) 13時30分~16時30分
場所 グランフロント大阪 北館B2F コングレコンベンションセンター ルーム8
(イノベーションストリームKANSAI内で実施します。)             

※講演タイトル・発表テーマ、プログラム等の詳細は【関連リンク】を参照

【関連リンク】

イノベーションストリームKANSAI セミナー④ 感性価値創造シンポジウム(関西学院大学感性価値創造研究センター、大阪イノベーションハブ(OIH)