2016.12.19.
【おしらせ】2年生学年閉鎖について

 本日(12月19日)の出欠点呼において、2年生でインフルエンザおよび発熱による欠席者が多数となりました。感染予防の観点から以下の措置を講じました。

・2年生は速やかな下校が望ましいと判断し、諸連絡のみで下校を指示しました。2年生は本日(12月19日)を学年閉鎖とします。明日(12月20日)の終業式は行います。
・1,3年生は欠席者が少数であったため、予定通りのクリスマス行事を行います。
・ただし、1,3年生で登校後発熱のある生徒は、下校の指示を出しました(出席停止扱い)。

なお、明日に関して全学年に以下の措置を適用します。
・朝、感冒症状と共に、37.5℃程度の発熱がある場合には、登校を見合わせ、医師の診断を受ける。
・検査で,インフルエンザとの確定診断が出なくても出席停止扱いとする(欠席としない)。
・この措置は、12月20日のみに適用する(3学期は未定)。

学年閉鎖中の注意

・期間中は可能な限り外出を慎み、健康観察をおこなってください。
・37.5度以上の発熱や倦怠感等の症状がある場合は、すぐに受診し、医師の指示に従ってください。

出席停止解除証明書

 インフルエンザ等の感染症に罹患していた場合は、主治医の記入による「出席停止解除証明書」を、次回出席時にクラス担任まで提出してください。出席停止解除証明書の書式は、下記のリンク先よりプリントアウトしてご利用ください。

感染症による出席停止について関連ページへのリンク