2017.11.11.
<シンポジウム>「「食」で世界を攻める!」[11/19]

 和食がユネスコの無形文化遺産に登録。日本-EUのEPA/FTAが大筋合意など、国内外で日本の「食」をめぐる状況は大きく変化しています。関西の経済再生を考えるにあたり、今回のシンポジウムでは、大きなポテンシャルを持つ第1次産業を基軸とした「食」と「食の海外戦略」について考えてまいります。
 基調講演には関西学院大学と連携協力でかかわる大関株式会社から長部訓子代表取締役社長を、また特別講演には関西学院大学産業研究所と縁の深いアジア太平洋研究所数量経済分析センターの稲田義久センター長、関西学院大学と包括的連携協定を結ぶ日本貿易振興機構(JETRO)の曽根一朗大阪本部長をお迎えします。その後、パネルディスカッションを行い、具体的施策を探ります。シンポジウム終了後には交流会も開催します。詳しくは添付ファイル、リンクをご覧ください。

■日時:11月19日(日) 13:00~17:00(受付12:30~)
    
■場所:関西学院会館 風の間(上ケ原キャンパス)

■定員:200名 ※交流会は定員80名
    (いずれも申込が必要、先着順 無料)

■申込締切:11月13日(金)
    
■申込方法:参加ご希望の方は、必要事項【①郵便番号、②住所、③氏名、④職業(会社名・学校名)、⑤電話番号、⑥交流会参加の有無】をご記入の上、E-mailまたはFAXにて11月13(月)迄にお申し込みください。
E-mail:g-sinpo@esankei.com(グローバルシンポ係 宛)
FAX:06-6633-2709(グローバルシンポ係 宛)


■お問い合わせ:産経新聞開発内「グローバルシンポ」係  TEL 06-6633-6834

産研JETRO産経シンポジウム「「食」で世界を攻める!」[11/19] [ 176.16KB ]PDFリンク

<シンポジウム>「「食」で世界を攻める!」関連ページへのリンク