2017.11.07.
<講演会>「ロマに関する欧州のガバナンス」[12/9]

 産業研究所では、講師に立命館大学授業担当講師の山川卓氏をお迎えして産研講演会「ロマに関する欧州のガバナンス」を開催いたします。

 「ロマ」とは、多様なアイデンティティを持つ諸民族集団を含む総称で、蔑称としての含意を持つ「ジプシー」、「ツィガン」などの名前で呼ばれてきた人々を指します。
 1990年代以降、欧州では、ロマの人々が「反ジプシー主義」による苛酷な差別・迫害を受けてきたということ、またこの人々の多くが社会経済的な貧困状態に置かれているということが問題とされ、様々な国際機関がロマを特別な保護対象とする政策を打ち出してきました。
 この講演では、ロマの人々に対する保護政策を事例として、欧州における国際的なマイノリティ保護政策の意義と問題点について考えてみたいと思います。

 どなたでもご参加いただけます。参加費無料、申込み不要。詳しくは添付ファイル、リンクをご覧ください。

■日 時:2017年12月9日(土) 15:10~16:40 

■場 所:関西学院大学上ケ原キャンパス 大学図書館ホール

■主 催:関西学院大学産業研究所

<講演会>ロマに関する欧州のガバナンス[12/9] [ 307.47KB ]PDFリンク