2017.05.16.
<産研×KG学生コラボ>日・EUフレンドシップウィークEUクイズを社会学部4年生が作成!

 関西学院大学産業研究所は、EU(欧州連合)の行政機関である欧州委員会が世界中に展開する情報拠点であるEU情報センター(英語名:European Info 略称EUi)に指定されています。

 EU情報センター主な活動としては、欧州委員会出版局が発行する公式資料(EU官報・条約・ 年次報告書・月例報告書・統計資料等)や、各政策分野についての広報資料の学内外および一般への公開と、毎年5月9日の「ヨーロッパ・デー」を中心に開催される日・EUフレンドシップウィークを開催しています。
日・EUフレンドシップウィークは、文化、学術、スポーツなどのさまざまな催しを通して、日本とEUの「人と人」の交流の促進を図ることがその目的で、このイベントには全国のEU情報センターをはじめ、多くの機関が参加しており、毎年4月下旬から6月末までの間、講演会・展示・映画祭など各地で様々な行事が予定されています。

 6月1日から開催される「日・EUフレンドシップウィーク」の企画の一つである<産研×KG学生コラボ>として、EUクイズを社会学部4年生の丸山将恒君が作成してくれました!EUクイズは、日・EUフレンドシップウィーク期間中、産業研究所カウンターで配布します。またクイズの景品には卒業生の金澤さんがデザインしたオリジナルグッズを用意しています。

日・EUフレンドシップウィーク関連

日・EUフレンドシップウィーク2107 [ 5.04 MB ]PDFリンク

オリジナルEUクイズ作成までの秘話を含めた丸山君へのインタビュー

Q.丸山君と産業研究所の出会い、丸山君にとっての産研の魅力を教えてください!

 産業研究所との出会いは市川先生の授業を履修したのがきっかけです。産業研究所では様々なイベントを企画しているので、やる気のある学生には最適な場所だと思います。また、イベントでは、普段の学生生活ではなかなか知り合うことが出来ない人と知り合うことができるという魅力があります。

Q.丸山君が在学中に打ち込んでいる活動について教えてください。

 入学当初から様々なことにチャレンジしてきました。入学してから2年間は自転車に没頭していました。自ら自転車サークルを立ち上げて、自転車屋でバイトもしていました。2年生の終わりぐらいから海外に関心を持つようになり、3年生からは海外に行って様々なことにチャレンジすることが増えました。現在は語学を勉強することに打ち込んでいます。自分の語学力でどこまで通用するのかを試すために、次の夏季休暇もどこかに行く予定です

Q.丸山君がEUに興味関心を持ったきっかけがあれば教えてください。

 市川先生に出会うまではEUに関して全然興味もありませんでした。しかし、市川先生の授業を通して一気に関心を持つようになり、EU圏の友達も増えたことにより、ますますEUが好きになりました。

Q.クイズ作成にあたって苦労したことはなんですか?

 EUに関する身近な話題からマニアックな問題まで、いろんな人に楽しんでもらえるようにクイズを作成することが一番苦労したことです。このクイズをきっかけにEUについて関心を持ってもらえれば光栄です。

Q.今後の抱負、在学生へ一言お願いします!

 今年は最後の年なので挑戦したいことは全てやり遂げたいと思っています。また、卒業後は中国で働くので、この1年で中国語をマスターしたいと思っています。

過去の日・EUフレンドシップウィーク

 過去の日・EUフレンドシップウィークについては「フレンドシップウィーク・アーカイブ」をご覧ください。

フレンドシップウィーク・アーカイブ関連ページへのリンク